TOP > これからの上映予定

 今後の上映予定

シネマ・クレールで今後、上映予定の作品です。ご期待ください! 

上映中の作品

a
  公式サイトへ  a  

パラサイト  半地下の家族
監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン
2019年/韓国/132分
第92回アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞受賞
第72回カンヌ国際映画祭[最高賞]パルムドール受賞
第77回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞受賞
全員失業中、“半地下住宅”で暮らす貧しいキム一家。長男ギウは、“高台の豪邸”で暮らす裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行くが……。この相反する2つの家族の出会いは、次第に想像を遥かに超える物語へと加速していく。
あらゆるジャンルを完璧に融合させた予測不能な展開に、全感情が揺さぶられる最高傑作が誕生した!
とてつもない面白さ!全世界大熱狂!!


a
  公式サイトへ    

9人の翻訳家  囚われたベストセラー
監督:レジス・ロワンサル
出演:ランベール・ウィルソン、オルガ・キュリレンコ
2019年/フランス・ベルギー/105分
大ベストセラー世界同時出版のため、完全隔離の洋館に集められた9カ国の翻訳家。ところが、極秘扱いの原稿の冒頭10ページがネットに流出した。そして、「500万ユーロ支払わなければ全ページが流出する」という脅迫メールが届く。
全世界で一大現象を巻き起こした小説「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの4作目「インフェルノ」出版時、原稿の違法流出を恐れた出版社は、各国の翻訳者をある地下室に隔離し、密かに翻訳作業を進めていたという。この驚くべきエピソードを元に、新たなミステリー映画が誕生した。
真犯人、その手口、そして驚愕の目的―あなたは、ひとつでも解くことができるか?
上映は27日まで 


a
  公式サイトへ    

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密
監督:ライアン・ジョンソン
出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、トニ・コレット
2019年/アメリカ
殺したのは誰だ!?この騙し合いに世界が熱狂!!
ニューヨーク郊外の 大豪邸。世界的ミステリー作家が85歳の誕生日パーティーの翌朝、遺体で発見された。匿名の依頼を受け現れた名探偵ブラン。第一容疑者は、屋敷にいた秘密だらけのワケあり家族全員。この冬、空前絶後の<騙し合い>の幕が開く。
“映画でしか味わえない”謎解きの常識を超える、究極のハイテンション・ノンストップ・ミステリー。
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソン監督が、ミステリーの女王、アガサ・クリスティーに捧げる新たな傑作。名探偵登場!


a
  公式サイトへ  a  

ジョン・デロリアン
監督:ニック・ハム
出演:リー・ペイス、ジェイソン・サダイキス
2018年/アメリカ/113分
大胆且つ斬新なアイデアで1960年代のアメリカ自動車業界を席巻し、史上最年少で大手自動車会社GMの副社長にまで上り詰めるが、自らの夢の車を作るためにその地位を捨て、人生を車に賭けたジョン・デロリアン。彼は天才的自動車エンジニアでありながら、夢のためであればイギリス、アメリカなどの政府からも資金を巻き上げ、果ては麻薬密輸まで行うほど、破天荒な人生を歩んだ男でもあった。本作は、彼の人生の中で最も激動だった時期をフィーチャーし、“デロリアン”開発の裏側にある知られざる真実を描いた、初めての伝記映画だ。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで世界的に有名になった“デロリアン(DMC-12)”。この伝説的な車を作った男、ジョン・デロリアンの驚くべき真実!
上映は27日まで


a
  公式サイトへ    

読まれなかった小説
監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
出演:アイドゥン・ドウ・デミルコル、ムラト・ジェムジル
2018年/トルコ・フランス・ドイツ・ブルガリア・マケドニア・ボスニア・スウェーデン・カタール/189分
作家を夢見るシナンは、トロイ遺跡近くの故郷で処女小説を出版しようとするが、誰にも相手にされない。父イドリスは引退間際の教師。競馬好きな父とシナンは相容れない。父と同じ教師になって、平凡に生きるなんて…。交わらぬように見えた父子の心を繋いだのは、意外にも、誰も読まなかったシナンの書いた小説だった。
近しいからこそ、疎み、軽んじ、分かり合えないと断じてしまう父子。しかし、実は根底で繋がり、理解し合える。不可解でいて絶対に失うことのない家族の絆を描き出す。


a
  公式サイトへ   a 

リンドグレーン
監督:ペアニレ・フィッシャー・クリステンセン
出演:アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー
2018年/スウェーデン・デンマーク/スウェーデン語・デンマーク語/123分
「長くつ下のピッピ」・「ロッタちゃん」等を生み出した作家、アストリッド・リンドグレーン。本作は、リンドグレーンの16歳から10年に満たない、だが彼女の人生で最も激動といえる若かりし日々を描く。兄弟姉妹とスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめる。教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていた。そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめる。しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいく。
なぜ、アストリッドは最も革新的で影響力のある稀有な作家になり得たのか、なぜいつまでも子どもの心を忘れず、理解できるのか―そのすべての答えが、ここにある。 


a
  公式サイトへ    

冬時間のパリ
監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:ジュリエット・ビノシュ、ギョーム・カネ
2018年/フランス/フランス語/107分
冬のパリ。縺れて、こんがらがった二組の夫婦の愛の行方は―。
魅力的な冬のパリを背景に、食べて、飲んで、愛して、会話する。ウディ・アレン作品を思わせるような、〈フランス的、人生の愉しみ方〉がたっぷりと詰まった小粋で洒脱な大人のラブストーリー。


2020年2月28日公開

a
公式サイトへ      

男と女 人生最良の日々
監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン
2019年/フランス/90分
1966年に大喝采を浴び、世界中が心を奪われた傑作「男と女」。男女の機微を見事に描いた恋愛映画の金字塔として、いまなお語り継がれている。あれから53年。「男と女」のスタッフ・キャストが再結集し、その後の愛の物語がふたたび動き出す。
記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイは、過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌのことだけを追い求め続けていた。そんな父親の姿を見た息子は、アンヌを探し出し、2人を再会させることを決意する。長い年月が過ぎたいま、アンヌとジャン・ルイの物語が、思い出の場所からまた始まろうとしていた。
誰もが一度は経験したことのある愛の喜びと痛み。心の奥にしまい込んだはずのきらめきが、いま蘇る。 


a
公式サイトへ  a    

緊急公開決定!!
彼らは生きていた
監督:ピーター・ジャクソン
2018年/イギリス・ニュージーランド/英語/99分
イギリス帝国戦争博物館が保存していた第1次世界大戦当時に撮影された未公開映像を元に、ピーター・ジャクソン監督がモノクロの映像をカラーリング。3D技術を応用してリアルさを追求。大戦当時は音を録音する技術がなかったため、音声は主に退役軍人のインタビュー音源を使用。一部の兵士の話す声や効果音などは新たにキャストを用いて演出し、今まで見たことのないほど鮮やかで臨場感あふれる戦争場面を復元。これまで、遠い過去の話としてしかとらえていなかった第1次世界大戦の戦場を、身近に、生々しくスクリーンに蘇らせることに成功した本作は、まさに映画の力というべき、画期的なドキュメンタリー映画だ! 


a
公式サイトへ      

人生、ただいま修行中
監督:ニコラ・フィリベール
2018年/フランス/フランス語/105分
パリ郊外の看護学校で学ぶ年齢、性別、出身も異なる多様な生徒たち。採血も点滴も抜糸もギブスを外すことも、全てが初体験。右も左もわからなかった彼らは、やがて実践の現場に駆り出され、つまずき、時に笑い、苦悩し、それでも「誰かの役に立ちたい」と望み少しずつ成長していく。
誰もが初めてを経験し、失敗しながら生きていく。人生は学びと喜びの連続であることを教えてくれる感動の奮闘ドキュメンタリー。 


a
  公式サイトへ    

トスカーナの幸せレシピ
監督:フランチェスコ・ファラスキ
出演:ヴィニーチョ・マルキオーニ、ルイジ・フェデーレ
2018年/イタリア/イタリア語/92分
超一流シェフのアルトゥーロは、仲間とのトラブルで傷害事件を起こし、更生のため社会奉仕に就くことに。その役目は、アスペルガー症候群の自立支援施設で若者たちに料理を教えることだった。施設の責任者アンナの厳しい視線の下、彼は本気で生徒と向き合い、若き創造性を引き出そうとする。なかでも“絶対味覚”を持つ青年グイドはトスカーナで開催される「若手料理コンテスト」への出場を決め、アルトゥーロの運転で人生初の旅行に出発。だが、開催地に到着すると、アルトゥーロにも料理人のプライドをかけた大仕事が舞い込み、グイドの元を離れることに…。いつの間にか固い絆で結ばれていた二人。心の支えを失ったグイドは、料理決戦で優勝できるのか?
イタリアならではの明るさと優しさで描くヒューマンコメディー。
1週間限定上映 


2020年3月6日公開

a
  公式サイトへ    

さよならテレビ
監督:土方宏史
2019年/日本/109分
本作は東海テレビ開局60周年記念番組「さよならテレビ」に新たなシーンを加えた待望の映画化。マスメディアの頂点でジャーナリズムの一翼を担ってきたテレビが「マスゴミ」と揶揄されるようになって久しい。これは市民社会の成熟か、あるいはメディア自身の凋落か…。今、テレビで、何が起きているのか?
テレビの現場は日々、何に苦悩し、何を恐れ、どんな決断を迫られているのか。薄っぺらいメディアリテラシーは、もうたくさん。自社の報道部にカメラを入れ、テレビの今を活写する。 


a
  公式サイトへ   a 

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
監督:ジョナサン・レヴィン
出演:シャーリーズ・セロン、セス・ローゲン
2019年/アメリカ/英語/125分
女性の活躍が目覚ましい現代において、シンデレラストーリーを夢見るのはもはや女性だけではない。大統領候補のスーパーウーマンと失職中のダメ男。誰が見てもありえない男女が繰り広げるシニカルラブコメディが誕生した。
高嶺の花に恋した冴えないジャーナリスト。ありえない二人の恋のゆくえは…? 


a
  公式サイトへ  a  

マニカルニカ  ジャーンシーの女王
監督:ラーダ・クリシュナ・ジャガルラームディ
出演:カンガナー・ラーナーウト、ジーシュ・セーングブタ
2019年/インド/148分
1857年の「インド大反乱」において、北インド中部の国ジャーンシーの女王であったラクシュミー・バーイーは、自ら兵を率いて勇猛果敢な戦いを展開した。“インドのジャンヌ・ダルク”と称えられる彼女は、愛国の英雄として今も人々に敬愛されている。
伝説の指導者であった彼女の知られざる激動の人生とは。
1週間限定上映 


a
  公式サイトへ    

グレタ
監督:ニール・ジョーダン
出演:イザベル・ユペール、クロエ・グレース・モレッツ
2018年/アイルランド・アメリカ/英語/98分
ニューヨークの高級レストランでウェイトレスとして働くフランシスは、帰宅中の地下鉄の座席に誰かが置き忘れたバッグを見つける。持ち主は、都会の片隅にひっそりと孤独に暮らす未亡人グレタ。彼女の家までバッグを届けたフランシスは、彼女に亡き母への愛情を重ね、年の離れた友人として親密に付き合うようになる。しかしその絆は、やがてストーカーのようなつきまといへと発展し、フランシスは友人のエリカとともに恐ろしい出来事に巻き込まれていく!
【最恐、最狂、最驚】の未亡人グレタが、貴方の心の隙間を狙っている! 


2020年3月13日公開

a
  公式サイトへ    

子どもたちをよろしく
監督:隅田靖
企画:寺脇研、前川喜平
出演:鎌滝えり、杉田雷麟
2019年/日本/105分
オリンピック、カジノ、万博…世の中が浮足立つなかで、子どもを巡る事件が、毎日のように報じられる。しかし、子どもたちの世界に目が向けられることは少ない。いじめに苦しみ、そのために死を選んでしまう少年、性的虐待を受け自らを「汚れた存在」と思い込んでしまい風俗産業に身を沈める少女、そんな彼らに、われわれ大人は手を差し伸べることができるのか。いや、アルコール依存、ギャンブル依存、対人依存、同調圧力など、大人社会にはびこる闇こそが問題の源なのではないのか。その問いかけを、観客の皆さんに投げかけたい。それがこの映画を作った一番の狙いだ。映画の中の子どもたちは、悩み、苦しみ、他人を追い詰め、自分を追い詰めていく。子供たちの心の中の闇を振り絞るような叫び!この叫びがあなたの胸に届くだろうか。これが、文部科学省で長らく日本の子どもたちの実態と向き合ってきた寺脇研と前川喜平、二人の願いであり、それを映画という形に仕上げた隅田靖監督の思いなのだ。 


a
  公式サイトへ    

シュヴァルの理想宮  ある郵便配達員の夢
監督:ニルス・タヴェルニエ
出演:ジャック・ガンブラン、レティシア・カスタ
2018年/フランス/105分
ある郵便配達員が33年の歳月をかけ、たった一人で築き上げた“シュヴァルの理想宮”。愛娘のため“おとぎの国の宮殿”を手作りするという果てしない挑戦を支えたのは、夢を信じる心と深い愛だった。ピカソやアンドレ・ブルトンが絶賛し、フランス政府指定の重要建造物となった奇想の宮殿の誕生秘話。 


a
  公式サイトへ    a

第三夫人と髪飾り
監督:アッシュ・メイフェア
出演:トラン・ヌー・イエン・ケー、グエン・フオン・チャー・ミー
2018年/ベトナム/93分
19世紀、北ベトナムの絹の里。富豪のもとに嫁いできた若き第三夫人。東洋の美を湛える秘境に語り継がれてきた、ある一族のファミリーヒストリー。
スパイク・リー、トラン・アン・ユンなど、世界の巨匠たちが才能を絶賛する新鋭監督。タブーに切り込み、物議と絶賛入り乱れた衝撃のデビュー作。
一週間限定上映 


2020年3月20日公開

a
  公式サイトへ    

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
監督:豊島圭介
ナビゲーター:東出昌大
出演:三島由紀夫、芥正彦、木村修 他
禁断のスクープ映像、その封印が遂に紐解かれた!稀代の天才作家・三島由紀夫と、荒ぶる東大全共闘の討論会の全貌だ。時は1969年5月13日、三島が衝撃の自死を遂げた前年。学生運動が激化していた東大駒場キャンパスの900番教室は、1000名を超える学生が「三島を論破して立ち往生させ、舞台の上で切腹させる」と盛り上がり、異様なテンションが充満していた。一方の三島は、警察が申し出た警護も断り、その身一つで敵地へと乗り込む。果たして、待ち構える最大の論客との対決は―?
論理と思考の死闘のなか、まばゆい輝きを放つ三島の熱い言葉が学生たちを貫き、今を生きる私たちにも、本気で生きる瞬間を体感させる、衝撃のドキュメンタリー。
伝説の討論会を13人の証言者と紐解いていく。


a
  公式サイトへ a   

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ
監督:ファティ・アキン
出演:ヨナス・タスラー、マルガレーテ・ティーゼル
2019年/ドイツ/110分
70年代ハンブルクで実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカ。第二次世界大戦前に生まれ、敗戦後のドイツで幼少期を過ごし、貧しさと孤独を味わった男が、娼婦を殺害しながらも過ごす日常を描く。知性溢れる天才犯罪者でも、何かに取り憑かれた狂人でもない、「ごく普通の連続殺人鬼」という、かつて感じたことのない“すぐ隣にいるかもしれない恐怖”に誰もが戦慄する。
監督は「女は二度決断する」のファティ・アキン。1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼を描き、ベルリン国際映画祭では、衝撃的な内容ゆえに最も賛否両論を巻き起こす問題作となった。


2020年3月27日公開

a
  公式サイトへ a   

母との約束、250通の手紙
監督:エリック・バルビエ
出演:ピエール・ニネ、シャルロット・ゲンズブール
2017年/フランス・ベルギー/フランス語・ポーランド語・スペイン語・英語/131分
フランスの伝説の文豪ロマン・ガリ。その波乱万丈で数奇な人生を描いた自伝「夜明けの約束」を、シャルロット・ゲンズブール、ピエール・ニネという豪華共演で映画化。破天荒ながらも強い愛情を息子に注ぐ母親と、母の途方もない愛を叶えようと邁進する息子。あなたがいたから、僕がいる。激動の時代に翻弄されながらも、強すぎるほどの絆で、互いの存在だけを頼りに生き抜いた母と息子。想像もしないラストに涙する感動のエンタテインメント。
その手紙は5年間、毎週届き続けた。戦地で戦っているときも、生死の境目をさまようときも。しかし、その250通にも及ぶ手紙には、思いもしない秘密がかくされていた。 


a
  公式サイトへ    

プリズン・サークル
監督:坂上香
2019年/日本/136分
「島根あさひ社会復帰促進センター」は、官民協働の新しい刑務所。警備や職業訓練などを民間が担い、ドアの施錠や食事の搬送は自動化され、ICタグとCCTVカメラが受刑者を監視する。しかし、その真の新しさは、受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC=回復共同体」というプログラムを日本で唯一導入している点にある。なぜ自分は今ここにいるのか、いかにして償うのか?彼らが向き合うのは、犯した罪だけではない。幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情。そして、それらを表現する言葉を獲得していく。
過熱する犯罪報道、厳罰化を叫ぶ声。けれど私たちは、この国の「罪」と「罰」について多くを知らない。
処罰から回復へ、今、日本の刑務所が変わろうとしている。 


2020年4月3日公開

a
  公式サイトへ    

わたしは分断を許さない
監督:堀 潤
2020年/日本/105分
香港、ガザ、シリア、福島、沖縄、朝鮮半島。ジャーナリスト堀 潤が5年の歳月をかけて追った、2020年、今こそ見なくてはいけない「分断」された世界。
堀 潤が、分断の真相に身を切る思いで迫っていく。


2020年4月10日公開

a
  公式サイトへ    

レ・ミゼラブル
監督:ラジ・リ
出演:ダミアン・ボナール、アレクシス・マネンティ
2019年/フランス/フランス語/104分
第72回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞
新人 警官のステファンと同僚たちが、ある少年の引き起こした些細な事件をきっかけに、やがて取り返しのつかない事態へと陥っていく様を、緊張感溢れる描写で描いた。舞台となるのは、ヴィクトル・ユゴーの傑作「レ・ミゼラブル」で知られているモンフェルメイユ。現在は、パリ郊外の犯罪多発地区の一部とみなされており、我々が思い描く“花の都”パリのイメージはそこには存在しない。監督・脚本を務めたのは、新鋭ラジ・リ監督。初長編監督作品ながら自身がこの街で体験してきた出来事を、圧倒的な緊迫感とスタイリッシュな映像で見事に描き切っている。


2020年4月17日公開

a
  公式サイトへ    

娘は戦場で生まれた
監督:ワアド・アルカティーブ、エドワード・ワッツ
出演:ワアド・アルカティーブ、サマ・アルカティーブ、ハムザ・アルカティーブ
2019年/イギリス・シリア/アラビア語/100分
第72回カンヌ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞
いまだ解決をみない未曽有の戦地シリア。死と隣り合わせの中で、母はカメラを回し続ける。愛する人々の生きた証を残すため、すべては戦火の中で生まれた娘のために。いま全世界に伝えたい緊迫のドキュメンタリー! 

TOP上映スケジュールこれからの上映予定販売商品一覧前売券情報会員専用ページシネマ・クレールのご案内お問い合わせプライバシーポリシーアクセスマップメルマガ配信停止アドレス変更メルマガ登録