TOP > これからの上映予定

 今後の上映予定

シネマ・クレールで今後、上映予定の作品です。ご期待ください! 

上映中の作品

a
公式サイトへ     

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
監督:ルーシー・ウォーカー
出演:オマーラ・ポルトゥオンド、マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール
2017年/イギリス/110分
ヴィム・ヴェンダースが監督した「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は大ヒットを記録し、その熱狂は社会現象へと広がっていった。それから18年、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーが、“アディオス”世界ツアーを決行。ヴェンダース製作総指揮で最後の勇姿を収めた音楽ドキュメンタリーが完成した。前作でカットされた秘蔵映像も交えながら、カメラはメンバーのこれまでの旅路や、その死にも迫る。
上映は28日まで


a
公式サイトへ     

スターリンの葬送狂騒曲
監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:スティーヴ・ブシェミ、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ
2017年/イギリス/107分
1953年、ソ連の最高権力者スターリンが死亡。“粛清”という名の大量虐殺による恐怖で全てを支配してきた独裁者だ。今こそ彼の後釜につくチャンスだと色めき立つ側近たちの、互いを出し抜く卑劣な駆け引きが始まり、権力バトル開始のゴングが鳴った!壮大なのに姑息、大真面目なのに可笑しくて、卑劣で残忍なのに惹きこまれる“偉人!?”たちの黒歴史を暴く必見ブラック・コメディ!
ロシア政府“上映禁止”の超問題作、ついに解禁!! 


a
公式サイトへ   a  

菊とギロチン
監督:瀬々敬久
出演:木滝麻生、東出昌大
2018年/日本/189分
大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。山形で発祥し、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」。様々な過去を背負い、強くなりたいと願う女力士たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っているアナキスト集団「ギロチン社」の若者たちと運命的に出会う。立場は違えど、彼らの願いは「自由な世界に生きること」。次第に心を通わせていく彼らは、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む。
時代に翻弄されながらも<自由>を求めて疾走する若者たちの辿り着く先は?
上映は28日まで 
特別料金


a
公式サイトへ     

ヒトラーを欺いた黄色い星
監督:クラウス・レーフレ
出演:マックス・マウフ、アリス・ドワイヤー
2017年/ドイツ/ドイツ語/111分
1943年6月、ナチス宣伝相のゲッベルスは、ベルリンからユダヤ人を一掃したと宣言した。だが実は7000人ものユダヤ人がベルリンに潜伏し、1500人が終戦まで生き延びた驚くべき史実。いかにして彼らはヒトラー率いるナチスの目を欺き、ホロコーストを免れたのか?
生きる希望を捨てなかった若者たちの驚きに満ちた実話を、実際の生還者の証言を交えて映画化し、知られざる真実を今に伝える感動の物語。
上映は28日まで 


a
公式サイトへ  a   

2重螺旋の恋人
監督:フランソワ・オゾン
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェレミー・レニエ
2017年/フランス/107分
原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子でしかも同じ精神分析医だという。似て非なる2人の男性との禁断の関係にのめり込んでいくクロエ。オゾンが仕組んだ嘘と現実の迷宮から、あなたは抜け出せるのか?背徳と官能の扉が開かれる、極上の心理サスペンス。
上映は28日まで 


a
公式サイトへ     

追想
監督:ドミニク・クック
出演:シアーシャ・ローナン、ビリー・ハウル
2017年/イギリス/英語/110分
1962年、夏。若きバイオリニストのフローレンスは歴史学者を目指すエドワードと恋に落ち、人生をともに歩むことを決意する。しかし、新婚旅行のホテルで2人きりになると、初夜を迎える緊張と興奮から、雰囲気は気まずくなるばかり。ついに口論となり、フローレンスはホテルを飛び出してしまう。
愛するがゆえに生まれてしまうすれ違いに胸が締めつけられ、最後には静かな波のような感動が押し寄せてくる。 


a
公式サイトへ   a  

純平、考え直せ
監督:森岡利行
出演:野村周平、柳ゆり葉
2018年/日本/95分
新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平21歳。いつか“一人前の男”になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を送る。そんな純平がある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平。実行の日まで、わずか3日間。偶然出会ったOLの加奈と一夜を共にし、2人は、決行の日まで行動を共にすることに。
限られた3日間を刹那に駆け抜ける疾走感に、心を揺さぶられる新たな青春物語が誕生した。


a
公式サイトへ     

ルームロンダリング
監督:片桐健滋
出演:池田エライザ、渋川清彦、オダギリジョー
2018年/日本/109分
ワケあり物件に住み込んで事故の履歴を帳消し、次の住人を迎えるまでにクリーンな空き部屋へと浄化するという秘密のお仕事<ルームロンダリング>をしている八雲御子。しかし、行く先々で待ち受けていたのは、幽霊となって部屋に居座る、この世に未練たらたらな元住人たち。なぜか彼らの姿が見えてしまう御子は、そのお悩み相談に振り回されて…?
クスっと笑えて、ちょっぴり前向きな気持ちになれるコメディ。 


a
公式サイトへ     

ばあちゃんロード
監督:篠原哲雄
出演:文音、草笛光子
2018年/日本/89分
結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足を怪我して施設で暮らす祖母。「一緒にバージンロードを歩きたい」という孫娘の願いが、施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、2人でその目標に向けてリハビリを重ねて奮闘する。人間関係の希薄化が取りざたされる今の時代に、世代を超えた家族の絆や、人から求められて生きることへの希望を描いたハートウォーミングな映画。
上映は28日まで


2018年9月29日公開

a
公式サイトへ     

寝ても覚めても
監督:濱口竜介
出演:東出昌大、唐田えりか
2018年/日本・フランス/119分
第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
 東京。サラリーマンの亮平は、会社にコーヒーを届けに来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも惹かれていく朝子。ふたりは仲を深めていくが、朝子には亮平に告げられない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ。同じ顔をした二人の男と、その間で揺れ動く女の8年間を丁寧に、そしてスリリングに描く本作は問いかける。人はなぜ人を愛するのか?その人の何に惹かれ、なぜその人でなくてはならないのか?まっすぐな想いが引き起こす衝撃の展開に、観る者は共感、時に反感さえおぼえるだろう。心をかき乱され、恋愛観を揺さぶられる、ただならぬ「大人の恋愛映画」の傑作が誕生した。


a
公式サイトへ     

最後のランナー
監督:マイケル・パーカー&スティーヴン・シン
出演:ジョセフ・ファインズ、ショーン・ドウ
2016年/中国・香港・アメリカ/96分
1924年パリ・オリンピックを題材にした「炎のランナー」のエリック・リデル。パリ・オリンピックで金メダルを獲得したエリック・リデルは、その翌年、中国の天津へ旅立ち、宣教師として生きる道を選んだ。しかし、1937年、日本軍が天津を占領。やがて中国における外国人を取り巻く状況は悪化し、リデルは大勢の欧米民間人とともに収容所に入れられてしまう。過酷な抑圧と体調不良に苦しむリデルは、“走る”ことで不屈の情熱と信念を示し、仲間や子供たちに尊い希望をもたらしていく。そんななか、リデルが金メダリストであることを知った収容所の指揮官が、彼にレースを申し入れる。しかし、安息日の日曜日にリデルが身を投じたその“最後のレース”の先には、思いも寄らない結末が待ち受けていた。
人間の<尊厳> と<希望>を描く心揺さぶる感動の実話。


a
公式サイトへ  a   

マガディーラ 勇者転生
監督:S.S.ラージャマウリ
出演:ラーム・チャラン、カージャル・アグルワール
2009年/インド/テルグ語/139分
吹き荒れるバーフバリ旋風。その2部作誕生の原点として、日本公開が待望されていた伝説的傑作がついに公開。
1609年、ウダイガル王国。近衛軍の伝説的戦士バイラヴァは、国王の娘ミトラ姫と愛し合っていたが、王国とミトラ姫を我が物ににしようと企む軍司令官ラナテーヴの邪悪な陰謀により、非業の死を遂げる。400年後、バイラヴァはバイクレーサーのハルシャという若者に生まれ変わっていた。ある日、偶然一人の女性の指に触れた彼の脳裏に前世の記憶が鮮やかに蘇る。
壮大なスケールのスペクタクル・アクションと圧倒的なダンスシーンの連続で描かれる“運命の恋”と“永遠の愛”、その衝撃怒涛のクライマックス!!
1週間限定上映 


2018年10月6日公開

a
公式サイトへ     

判決、ふたつの希望
監督:ジアド・ドゥエイリ
出演:アデル・カラム、カメル・エル=バシャ
2017年/レバノン・フランス/アラビア語/113分
第74回ベネチア国際映画祭最優秀男優賞受賞
第90回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート
レバノンの首都ベイルート。キリスト教徒のトニーとパレスチナ難民のヤーセルとの間に起きたささいな口論が、ある侮辱的な言葉をきっかけに法廷へと持ち込まれる。両者の弁護士が論戦を繰り広げるなか、この衝突をメディアが大々的に報じたことから事態は国全体を震撼させる騒乱へと発展していく。
万国共通の問題を提起しながらも、個人それぞれの尊厳や赦しといった普遍的なテーマを追求したドラマは、観る者の心を深く揺さぶってやまない。 


a
公式サイトへ     

クリミナル・タウン
監督:サーシャ・ガヴァシ
出演:アンセル・エルゴート、クロエ・グレース・モレッツ
2017年/アメリカ/英語/86分
ワシントンD.C.で起こった、優等生射殺事件。警察、学校の不可解な対応に疑問を持ち、親友の死の真相を知るために事件を追う高校生アディソンと幼馴染のフィービー。踏み込むほどに深まる謎。やがて、二人は戻れないところへと、足を踏み入れていく。
ハリウッド最旬キャストで贈る、衝撃のスタイリッシュ・サスペンス。


a
公式サイトへ     

7号室
監督:イ・ヨンスン
出演:D.O.(EXO)、シン・ハギュン
2017年/韓国/100分
ドゥシクが経営する個室DVD店は倒産寸前。アルバイトのテジョンは給料も貰えていない。そんな時、多額の報酬を支払うという麻薬密売人の話に乗り、預かったブツを店内の「7号室」に隠す。一方ドゥシクは、店を売却したいと、アルバイトを増やし繁盛を装う。その甲斐あって売買契約の希望者が現れるが、新人バイトが店内で不慮の事故により死んでしまう。慌てたドゥシクは死体を「7号室」に隠し、誰も入らないようドアを施錠。密売人との約束で麻薬を取りに来たテジョンは大ピンチ。7号室の扉を開けたいバイトと、開けたくない店長、いま人生を賭けた壮絶な闘いが幕を開ける。 
1週間限定上映


2018年10月13日公開

a
公式サイトへ     

1987、ある闘いの真実
監督:チャン・ジュナン
出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、キム・テリ、ユ・ヘジン、ソル・ギョング、カン・ドンウォン、ヨ・ジング
2017年/韓国/129分
すべての始まりは、一人の青年の“不可解な死”。ソウル大学の学生が、取り調べ中に命を落としたのだ。警察は心臓麻痺だと発表するが、新聞が「拷問中に死亡」とスクープし、大騒動へと発展していく。
光州事件から7年後、この頃の韓国では、国家は軍事政権という名の巨大なハンマーで、国民の真の自由と平和を叩き潰していた。我慢も限界に達した人々から民主化を求める声が沸き起こり、正義に燃える学生たちも立ち上がり始める。だが、相手は史上屈指の絶対権力だ。なぜ、ごく普通に働く人々や政治に関心のなかった学生までもが、最後まで諦めずに闘うことが出来たのか?世界情勢が激変する今こそ必見!希望に満ちた明日を手に入れようとした<韓国民主化闘争>の全貌に迫る衝撃の実話。 


a
公式サイトへ     

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
監督:ヤヌス・メッツ
出演:シャイア・ラブーフ、スベリル・グドナソン
2017年/スウェーデン、デンマーク、フィンランド/108分
かつて、まるでハリウッドスターのような人気を誇るテニス選手がいた。彫刻のように美しいヴィジュアルと神がかったプレイで、テニスに興味のなかった人々さえも虜にしたビヨン・ボルグだ。その後、4連覇を達成したボルグは、コンピューターのように冷静沈着な姿から“氷の男”と呼ばれ、絶対王者として君臨した。そんなボルグの5連覇を阻止するべく現れたのが、類稀なる才能を持ちながら、不利な判定に怒り狂って審判に野犬の如くかみつき、“悪童”とバッシングされたジョン・マッケンローだ。スポーツ史に残る1980年の名勝負と、そこに至るまでの道のりを映画化。
伝説の試合から38年、遂に明かされる激闘の全貌と裏側。そこには、誰も知らない<感動のドラマ>があった! 


a
公式サイトへ     

ラ・チャナ
監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ
2016年/スペイン・アイスランド・アメリカ/86分
人々の心を震わせ、笑顔にする、愛すべき情熱の魂 ラ・チャナ。結婚、出産、人気の絶頂で引退。なぜ、彼女はキャリアの頂点で表舞台から姿を消したのか?
スピード、表現力、バワーに満ちた革新的なフラメンコスタイルで、世界中からラブコールが巻き起こった唯一無二のアーティスト。現在71歳の彼女の波乱に満ちた人生と、その情熱の源に迫るドキュメンタリー。 


2018年10月20日公開

a
公式サイトへ     

止められるか、俺たちを
監督:白石和彌
出演:門脇麦、井浦新、大西信満、満島真之介、高岡蒼佑、高良健吾、寺島しのぶ、奥田瑛二
2018年/日本/119分
2012年10月17日の若松孝二監督逝去から6年。若松プロダクション出身の白石和彌監督が、師匠・若松孝二が時代と共に駆け抜けていた若き日を描き出す。スタッフ、キャスト共に、若松孝二に所縁のある面々が終結、井浦新が若松孝二役を熱演。愛すべき“若ちゃん”として、新たな一面を見せた。
1969年、若松プロダクション。こんなにも命懸けで、こんなにもバカで愛おしい時間が、本物の映画を作っていた!
これは監督白石和彌が、師匠若松孝二と、“何者かになろうと夢みた”全ての人へ贈る、終わらない青春の1ページの記憶だ。
21日には白石監督の舞台挨拶有 


a
公式サイトへ     

運命は踊る
監督:サミュエル・マオズ
出演:リオール・アシュケナージー、サラ・アドラー
2017年/イスラエル・ドイツ・フランス・スイス/113分
第74回ヴェネチア国際映画祭審査員グランプリ
ミハエルとダフナ夫妻のもとに、息子ヨナタンの戦死を知らせる報が届く、しかし、やがてその報が誤りだったと分かる。安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すよう要求する。一方、ヨナタンは戦場でありながらどこか間延びした時間を過ごしている。ある日、若者たちが乗った車がやって来る。いつもの簡単な取り調べのはずが…。
愛する息子を連れ戻そうとする父、息子が生きていた事を喜ぶ母、戦場で悲しい体験をする息子。残酷な誤報から浮かび上がる、それぞれの愛、思い、傷、罪。遠く離れたふたつの場所で、3人の運命は交錯し、すれ違う。 


2018年10月27日公開

a
公式サイトへ     

500ページの夢の束
監督:ベン・リューイン
出演:ダコタ・ファニング、トニ・コレット
2017年/アメリカ/英語/93分
「スター・トレック」が大好きで、その知識では誰にも負けないウェンディの趣味は、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くこと。自閉症を抱える彼女は、ワケあって唯一の肉親である姉・オードリーと離れて暮らし、ソーシャルワーカーのスコッティの協力を得てアルバイトも始めた。ある日、「スター・トレック」脚本コンテストが開催されることを知った彼女は、渾身の作を書き上げるが、もう郵送では締切りに間に合わないと気付き、愛犬ピートと一緒にハリウッドまで数百キロの旅に出ることを決意する。500ページの脚本と、胸に秘めた“ある願い”を携えて…。 


a
公式サイトへ     

きみの鳥はうたえる
監督:三宅唱
出演:柄本佑、石橋静河、染谷将太
2018年/日本/106分
函館出身の小説家・佐藤泰志の初期最高傑作が遂に映画化。
函館郊外の書店で働く「僕」と一緒にくらす失業中の静雄。「僕」と同じ書店で働く佐知子が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。
何気ない日常の中に、美しくきらめく“生の輝き”を見事に映しとった、今を生きる私たちのための青春映画がここに誕生した。 


a
公式サイトへ     

バンクシーを盗んだ男
監督:マルコ・プロゼルピオ
ナレーション:イギー・ポップ
2018年/イギリス・イタリア/英語/93分
パレスチナ・ベツレヘム地区。そこにはパレスチナとイスラエルの人々を分断する高さ8メートル、全長450キロを超える巨大な分離壁が存在する。そのパレスチナ側の壁に正体不明のグラフィティアーティスト、バンクシーが<ロバと兵士>をモチーフに絵を描いた。“芸術テロリスト”とも称される彼の鮮烈なメッセージはパレスチナで明暗を分け、称賛する人、怒れる人、そしてその価値を利用する人が現れる。彼のアートを巡りパレスチナから世界へと波紋が拡がる様を追うドキュメンタリー。パレスチナに描かれたバンクシーの絵は、世界にどんな影響を与えるのか?! 



     

極北のナヌーク
監督:ロバート・フラハティ
1922年/アメリカ/78分
「モアナ」公開記念特別上映 
ドキュメンタリー映画の父と言われるロバート・フラハティ。白銀の雪と氷に閉じ込められたカナダ北部の極地に住む、主人公ナヌークを長とするイヌイット族一家が厳しい 大自然の中でたくましく生きてゆくさまを写しとった記録映像の原点。
27日のみの特別上映


2018年10月28日公開

a
公式サイトへ     

モアナ 南海の歓喜
監督:ロバート・フラハティ
1926、1980、2014年/アメリカ/98分
楽園のようなこの島に暮らす一家の長男モアナには、ファアンガセという婚約者がいた。タロイモを採り、丸木舟で海に出て魚を採る、のどかな島の暮らし。ただお祝いの儀式だけは特別だ。今日はモアナの結婚式。ほら貝の音とともに太鼓が鳴り響き、村は子どもから大人まで祝祭に満ち溢れている。モアナは、成人男性のしるしであるタトゥーを施し、ファアンガセとともに歓喜の踊りを舞い、盛大な挙式が始まった。無声だった作品に1980年、娘のモニカ・フラハティ監督が現地の人々による本物の音や会話、民謡を録音し付け加えた。更に2014年に施された最新のデジタル技術により生まれ変わった「モアナ」は圧倒的な映像で生きることの美しさと人間が持っている本来の輝きを見せてくれる。
“ドキュメンタリー”という言葉は、1926年の本作公開時に、新聞の映画評で使われたことが起源とされている。
11月2日までの上映 


2018年11月3日公開

a
公式サイトへ     

LBJ ケネディの意志を継いだ男
監督:ロブ・ライナー
出演:ウディ・ハレルソン、マイケル・スタール=デヴィッド
2016年/アメリカ/97分
ケネディ暗殺後、わずか98分で大統領に就任、人種差別撤廃を目指して公民権法、投票権法を成立させ、アメリカ史上最も多才な大統領の一人として評されたリンドン・ベインズ・ジョンソン(LBJ) 。しかし、その功績は長く歴史に埋もれていた。
議員時代は、同じ民主党上院議員ケネディの陰に隠れ、国民から認められずにいた。この二人は、ケネディが第35代大統領に、ジョンソンは副大統領に就任する。しかし、カリスマ性を持ったケネディを前に、ジョンソンは国政の主力から外れていく。
1963年11月22日12時30分、ケネディ暗殺。突如として第36代アメリカ大統領に就任したジョンソンは、のしかかるプレッシャーを跳ね除け、国が抱える先々の不安をどのようにして解決したのか?
ケネディの死によって就いたその地位は、想像を超えた闘いの日々の始まりだった。


a
公式サイトへ   a  

LBJ ケネディの意志を継いだ男
監督:リチャード・ロンクレイン
出演:イメルダ・スタウントン、ティモシー・スポール
2017年/イギリス/英語/114分
35年寄り添った夫がナイトの称号を授与され“レディ”となったサンドラ。順風満帆の人生だったが、夫と親友の浮気現場を目撃、傷心でロンドンに住む姉ビフの団地に転がり込む。金や名誉とは無縁のビフは、なんでも話せる親友のチャーリーやダンス教室の仲間に囲まれて、人生を心から謳歌していた。妹の窮地を心配する姉は、サンドラをダンス教室へ無理やり連れていく。気の進まないサンドラだったが、音楽とダンスは、かつてダンサーを目指したこともある彼女の心を癒し、忘れかけていた情熱を思い出させるのだった。もっと豊かに生きるヒントと夢が詰まった人生賛歌。 


a
公式サイトへ     

きらきら眼鏡
監督:犬童一利 (
つむぐもの)
出演:金井浩人、池脇千鶴、安藤政信
2018年/日本/121分
恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで、いつも前向きで笑顔のあかねと出会う。あかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく。
「最後の1ぺージまで切ない」と絶賛された恋愛小説、待望の映画化。 


2018年11月10日公開

a
公式サイトへ     

ブレス しあわせの呼吸
監督:アンディ・サーキス
出演:アンドリュー・ガーフィールド、クレア・フォイ
2017年/イギリス/英語/118分
運命の恋に落ち、周囲の人から祝福され結婚し、幸せな日々を送っていたロビンとダイアナ。ところが、突然ロビンが倒れ、診断結果はポリオ。首から下が全身マヒとなり人工呼吸器なしでは息もできない。医師からは余命数ヶ月と宣告され、ロビンは絶望の中にいた。病院を出たいと望むロビンのために、医師の反対を押し切り自宅で看病を決意するダイアナ。無謀とも呼べる彼らの決断は、ロビンの運命を大きく変えていく。
人工呼吸器をつけて36年間。なぜ彼は<世界一幸せ> に生きられたのか?世界一幸せに生きた男とその家族の奇跡の実話。


a
   a  

テルマ
監督:ヨアキム・トリアー
出演:エイリ・ハーボー、カヤ・ウィルキンス
2017年/ノルウェー・フランス・デンマーク・スウェーデン/116分
ノルウェーの人里離れた田舎町で、信仰心が深く抑圧的な両親のもとに育った少女テルマ。なぜか彼女には、幼少期の記憶がない。大学に通うため一人暮らしを始めたテルマは、同級生のアンニャと初めての恋におちる。募る欲望と罪の意識に引き裂かれながらも、奔放な彼女に強く惹かれていくテルマ。だが、それは封印されたはずの“恐ろしい力”を開放するスイッチだった。テルマは不可解な発作に襲われるようになり、その度に周りで不気味な出来事が起こる。そんな中、アンニヤが忽然と姿を消してしまう。果たして、テルマの発作とアンニャの失踪の関係は?両親が隠し続けてきたテルマの悲しき過去が明かされる時、自分すら知らない“本当の自分”が目覚め始める。
世界が固唾を呑んだ衝撃作。ラース・フォン・トリアーの遺伝子を受け継ぐ鬼才が放つ北欧ホラー、ついに公開! 


a
 公式サイトへ    

愛と法
監督:戸田ひかる
出演:南和行、吉田昌史
2017年/日本・イギリス・フランス/94分
カズとフミは大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)。仕事も生活も二人三脚のふたりのもとには、全国から“困っている人たち”が相談にやってくる。セクシャル・マイノリティ、養護が必要な子供たち等々。それぞれの生き方と社会のしくみとの間で葛藤を抱える人たちだ。ふたり自身も法律上は他人同士のまま。そんなある日、ふたりの家に居候がやってくる。突然居場所を失った少年・カズマくん。三人の新しい生活がはじまった。
監督は、欧州で長年活動していた戸田ひかる。10歳から海外で育った彼女ならではの瑞々しいまなざしが、日本社会の現実を鮮やかに、愛情いっぱいに描き出す傑作ドキュメンタリー。 


2018年11月17日公開

a
公式サイトへ     

タリーと私の秘密の時間
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:シャーリーズ・セロン、マッケンジー・デイヴィス
2018年/アメリカ/英語/95分
仕事に家事に育児と、何ごとも完璧にこなしてきたマーロだが、3人目の子供が生まれて、ついに心が折れてしまう。そんな彼女のもとに、夜だけのベビーシッターがやって来る。彼女の名前はタリー、年上のマーロにタメグチで、ファッションやメイクもイマドキ女子だが、仕事ぶりはパーフェクト。さらにタリーは、マーロが一人で抱え続けてきた悩みの相談にのり、見事に解決してくれる。だが、タリーは何があっても夜明け前に姿を消し、自分の身の上は決して語らない。果たして彼女は、昼間は何をしているのか?マーロの前に現れた本当の目的とは?
かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 


a
公式サイトへ     

英国総督 最後の家
監督:グリンダ・チャーダ
出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン
2017年/イギリス/英語・パンジャービー語・ヒンディー語/106分
第二次世界大戦で国力が疲弊したイギリスは、植民地インドを去ると決定。主権譲渡のため任命された新総督のマウントバッテン卿、その妻と娘は、首都デリーの壮麗なる総督官邸にやって来る。そこでは独立後に統一インドを望む国民会議派と、分離してパキスタンを建国したいムスリム連盟によって、連日連夜議論が闘わされた。独立前夜、混迷を深める激動のインドで、歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動の人間ドラマ。 


a
公式サイトへ   a  


監督:武正晴
出演:村上虹郎、広瀬アリス、リリー・フランキー
2018年/日本/97分
雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。やがて銃は、彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょう?」次第に精神を追いつめられていくトオルは、あることを決意するが……。
原作は、芥川賞作家・中村文則のデビュー作「銃」。本作はフィルムノワールの映像表現により、人間を追及していく純文学性をもった質の高い作品として描かれている。 


a
公式サイトへ     

ピース・ニッポン
監督:中野裕之
ナビゲーター:小泉今日子、東出昌大
2018年/日本/111分
長い歴史の中で生まれた日本人ならではの自然感にフォーカスする「日本人の精神」、世界に類を見ない豊かな気候風土が生み出す季節の変化を巡る「日本の四季」、そして、日本列島を南から北へ、映像作家たちが奇跡的にとらえることに成功した瞬間を紡いでいく「一期一会の旅」。日本の魅力が凝縮された3部構成の贅沢な旅を体感して下さい。
あなたはまだ、本当の日本の美しさを知らない。 


2018年11月24日公開

a
公式サイトへ     

チャーチル ノルマンディーの決断
監督:ジョナサン・テプリツキー
出演:ブライアン・コックス、ミランダ・リチャードソン
2017年/イギリス/105分
ダンケルクからノルマンディーへ。1944年6月、チャーチルは、連合国軍がナチスドイツ占領下の北西ヨーロッパへ侵攻する“ノルマンディー上陸作戦”を止めるために奔走していた。連合国軍最高司令官、アイゼンハワーと真っ向から対立したチャーチルの考えの基にあるのは、徹底した人道主義であった。第1次世界大戦で自ら計画・遂行した“ガリポリの戦い”で、50万人もの若い兵士を死傷させたことが英国のリーダーとして心の棘になっていたのだ。最愛の妻クレメンティーンとのすれ違い、心を許しあえる唯一の友と呼べる英国王ジョージ6世との確執、ノルマンディー上陸作戦に最後まで抵抗したチャーチルの知られざる真実が明かされる!


a
公式サイトへ  a   

アンダー・ザ・シルバーレイク
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ
2018年/アメリカ/140分
“大物”になる夢を抱き続け、気がつけば職もなく、家賃まで滞納しているサム。ある日、隣に住む美女サラにひと目惚れし、何とかデートの約束を取り付けるが次の日、彼女は忽然と消えてしまう。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の匂いをかぎ取る。折しも、大富豪や映画プロデューサーらの失踪や謎の死が続き、真夜中になると犬殺しが出没し、街を操る謎の裏組織の存在が噂されていた。そんな中重要なヒントが隠された、“ニンテンドウパワーマガジン”のあるページの暗号にたどり着き…。
「イット・フォローズ」の監督が放つ、ネオノワール・サスペンス。


2018年12月1日公開

a
公式サイトへ     

斬、
監督:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、塚本晋也
2018年/日本/80分
250年にわたり平和がつづいてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と人々の姿を通し、生と死の問題に迫る衝撃作。一本の刀が、時代を越えて、今という時代を生きるすべての人の心に斬り込んでくる。
本作で初めて塚本作品への参加を果たした池松壮亮と蒼井優、二人のぶつかり合うような演技合戦は圧巻だ。 


a
公式サイトへ     

ガンジスに還る
監督:シュバシシュ・ブティアニ
出演:アディル・フセイン、ラリット・ベヘル
2016年/インド/99分
ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言する。家族の大反対もよそに、決意を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。はじめは衝突しながらも、雄大に流れるガンジス河は次第に父子の関係をゆっくりとほぐしていく。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのか?旅立つ者、見送る者の両方の感情の機微を丁寧に捉え、家族の強い結びつきを映し出した本作。幸福な最期の迎え方とは?家族はどう受け止め看取るのか?誰にでも訪れる「死」というテーマを、ユーモアと人情味溢れるタッチで描いた、心温まる珠玉の感動作。 


2018年12月8日公開

a
公式サイトへ   a  

マイ・プレシャス・リスト
監督:スーザン・ジョンソン
出演:ベル・パウリー、ガブリエル・バーン、ネイサン・レイン
2016年/アメリカ/英語/98分
マンハッタンで暮らすキャリーは、友だちも仕事も持たず、話し相手はセラピストのペトロフだけ。ある日彼はキャリーに6つの課題を書いたリストを渡し、それを実行するよう告げる。半信半疑ながらもキャリーは1つずつ項目を実行していく。そして、人と関わり打ち解けたり、傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく。
全ての女子に元気を届ける、ユーモアと優しさに満ちた感動作! 

TOP上映スケジュールこれからの上映予定販売商品一覧前売券情報会員専用ページシネマ・クレールのご案内お問い合わせプライバシーポリシーアクセスマップメルマガ配信停止アドレス変更メルマガ登録