TOP > これからの上映予定

 今後の上映予定

シネマ・クレールで今後、上映予定の作品です。ご期待ください! 

上映中の作品

a
公式サイトへ     

蝶の眠り
監督:チョン・ジェウン
出演:中山美穂、キム・ジェウク
2017年/日本・韓国/日本語/112分
売れっ子の女性小説家・涼子は、自分が母と同じ遺伝性アルツハイマーに侵されていることを知る。死を迎える前に、自分の尊厳を守り、残る人たちに美しい記憶を残そうと静かに行動した人生最終章。50代前半で、まだ美しさを保つ涼子は、華やかな日常の裏で、次第に自分をコントロールできなくなっていく恐怖と、一人で死に立ち向かう寂しさを抱えていた。しかし、作家を目指す一人の青年チャネとの出会いにより、自分が何をなすべきかを心に決める。初の映画音楽に取り組んだ新垣隆の叙情的な音楽、きめ細かく臨場感あふれる撮影が作品を一層儚く美しい“愛の記憶の物語”へと昇華させている。 
上映は29日まで


a
公式サイトへ     

バーフバリ 王の凱旋 完全版(オリジナル・テルグ語版)
監督:S.S.ラージャマウリ
出演:プラバース、ラーナー・ダッグパーティ
2017年/インド/テルグ語/167分
日本列島に吹き荒れる怒涛のバーフバリ旋風!ファンの熱い願いにお応えし、完全版の上映が決定しました。前回上映したインターナショナル版より26分長い完全版。あの興奮をもう一度味わって下さい。なお、6月9日より1週間限定で第1部「バーフバリ 伝説誕生」を上映致します。未見の方はこの機会に是非ご覧下さい。又、第1部のダイジェスト版を「王の凱旋」の前に上映致します。残念ながら第1部をご覧になれない場合でも、お楽しみ頂けます。映画の面白さが詰まったこの映画を体感して下さい。
上映は29日まで 


a
公式サイトへ     

バケツと僕!
監督:石田和彦
出演:紘毅、徳永ゆうき
2017年/日本/106分
養護施設で働くことになった神島は“バケツ”というあだ名の15歳の少年と出会う。バケツには軽度の知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、さらには唯一の兄弟からも見放され、しまいには施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするのだが…。
笑いと涙があふれる、ハートフルな友情物語。
上映は29日まで 


a
公式サイトへ     

女と男の観覧車
監督:ウディ・アレン
出演:ジム・ベルーシ、ケイト・ウィンスレット
2017年/アメリカ/英語/101分
ウディ・アレン監督最新作の舞台は1950年代、ニューヨーク・コニーアイランド。女と男の恋と欲望、嘘と裏切りを乗せて、まわり続ける観覧車。そこから見える景色は、うっとりするほど美しいけれど、同じ場所を回転するだけで、どこにもたどり着けない。夢のように美しい映像で人生の切なさを描き切った、ウディ・アレンの恐るべき野心作。
もっと素敵な人生が待っているはず。あくなき理想を追い求める女性の魂の奥深くに迫る、心ざわめくヒューマンドラマ。 


a
公式サイトへ     

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
監督:ライナー・ホルツェマー
出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、アイリス・アプフェル
2016年/ドイツ・ベルギー/93分
本作は、唯一無二のブランドを牽引する天才デザイナー、ドリス本人に迫る初のドキュメンタリー。カメラはパリのグラン・パレで開催された2015春夏レディース・コレクションの舞台裏から、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズ・コレクションの本番直後までの1年間に密着、創作活動の全貌を明らかにする。また、ドリス自身が過去のコレクションを解説する場面もあり、優秀な経営者でもある横顔をのぞかせる。美しいものを愛し、スキャンダルとは無縁で、何事にも全力で取り組む完璧主義者の彼がのぞかせた意外な素顔とは。 


a
公式サイトへ     

早春
監督:イエジー・スコリモフスキ
出演:ジェーン・アッシャー、ジョン・モルダー=ブラウン
1970年/イギリス・西ドイツ/92分
日本初上映から46年、映画ファンが渇望し続けたイエジー・スコリモフスキの伝説の青春映画がついによみがえる!
ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは、そこで働く年上の女性スーザンに恋心を抱く。だが婚約者がいながら別の年上男性ともつきあう彼女の奔放な性生活を知るうち、マイクの彼女への執着は徐々にエスカレートしていく。15歳の少年が初めての恋と性的欲望のはざまで逡巡する様を、ときにリアルに、ときにユーモラスに描き出す。
上映は29日まで 


2018年6月30日公開

a
公式サイトへ     

海を駆ける
監督:深田晃司(淵に立つ)
出演:ディーン・フジオカ、太賀
2018年/日本・フランス・インドネシア/107分
ある日、海岸で倒れている男が発見された。片言の日本語やインドネシア語を話す以外は正体不明。「ラウ」=インドネシア語で(海)と周りから名付けられたその男の周辺で、奇妙な出来事が次々と起こり始める。果たして「ラウ」とはいったい何者なのか…。
深田晃司×ディーン・フジオカ新境地。心揺さぶる問題作を体感せよ。


a
公式サイトへ     

苦い銭
監督:ワン・ビン
2016年/フランス・香港/163分
雲南省出身の15歳の少女シャオミンは、バスと列車を乗り継ぎ、遠く離れた浙江省湖州へと向かう。縫製工場で働くためだ。そこは出稼ぎ労働者が80%を占める街。朝から晩まで働いて、ただ働いて。それでもそこには胸に響く一瞬がある。初めて街で働きはじめる少女たちの瑞々しさ、酒に逃げる男、ヤケになる男…。14億が生きる巨大中国の片隅で、1元の金に一喜一憂する彼らの人生を想う。そして気づく。“彼ら”は世界のいたるところに存在する“私たち”。ドキュメンタリーにも関わらず、ヴェネチア映画祭は「脚本賞」を授与した。その理由がわかる劇映画以上の感動と、ずっと見ていたくなる面白さ。こんな会話が、こんな表情が、こんな瞬間がなぜ撮れる?ワン・ビンならではのマジックが炸裂した傑作。
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

YARN 人生を彩る糸
監督:ウナ・ローレンツェン
出演:オレク、サーカス・シルクール
2016年/アイスランド・ポーランド/英語・アイスランド語/76分
世界的なクラフト・ブームの中、糸を紡ぎ、編み、表現する4組のアーティストが、彩り豊かな糸に人生そのものを見出したクラフト・アート・ドキュメンタリーが、編み物が生活に根ざしている北欧アイスランドからやってきた。糸と編み物の魅力を再発見したアイスランド人女性監督が、オリジナルのアニメーションを交えて丁寧に描いた快作。
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

追想
監督:ロベール・アンリコ (冒険者たち)
出演:フィリップ・ノワレ、ロミー・シュナイダー
1975年/フランス/102分
1944年、外科医のジュリアンは、美しい妻クララと一人娘フロランスの3人で幸せな家庭生活を送っていた。ドイツ兵の最後のあがきが続く中、ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はドイツ兵たちに惨殺された家族の無残な姿を目にする。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人とドイツ兵たちを殺害していく彼の脳裏に、家族と過ごした甘く幸福な日々の記憶が次々と去来する。愛と感動の反戦映画の傑作!!
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

ザ・キング
監督:ハン・ジェリム
出演:チョ・インソン、チョン・ウソン
2017年/韓国/134分
歴代の大統領選の裏に蠢く金と権力を掴むため、情報操作やイメージ戦略、ときにはヤクザさえも利用して、99%の凡人から1%の成功者になるために、非道な政治の駆け引きに没頭していく検事たち。本作は、1980年から2010年にわたる激動の韓国現代史を背景に、国家というピラミッドに蔓延する理不尽なパワハラや権力の不条理を赤裸々に描き上げた。
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

ポルト
監督:ゲイブ・クリンガー
出演:アントン・イェルチン、ルシー・ルーカス
2016年/ポルトガル・フランス・アメリカ・ポーランド/76分
男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやって来た、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、二人は惹かれ合い情熱的な一夜を共にする。だが、彼女には恋人がいた。あの夜を信じたい男と未来を忘れたい女の心は、互いに求め合いながらも、ひとつになることを拒む。やがてふたりのすれ違いが決定的に思えたその時、ある奇跡が起こる。ロマンティックでほろ苦いラブストーリー。
1週間限定上映 


2018年7月7日公開

a
公式サイトへ     

ファントム・スレッド
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・ディ=ルイス、レスリー・マンヴィル
2017年/アメリカ/130分
本年度アカデミー賞衣装デザイン賞受賞
1950年代、ロンドン。天才的な仕立て屋は、若きウェイトレスをミューズに迎える。運命の糸がほつれ、絡み合い、ふたりは思いもよらぬ境地へとたどり着く。華やかなオートクチュールの裏側で、映画史上もっとも甘美で狂おしい愛の心理戦がはじまる。 


a
公式サイトへ     

四月の永い夢
監督:中川龍太郎
出演:朝倉あき、三浦貴大
2017年/日本/93分
モスクワ国際映画祭 国際映画批評家連盟賞・ロシア映画批評家連盟特別表彰 受賞
3年前に恋人を亡くした、27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。喪失感から緩やかに解放されていく初海の日々が紡がれる。


a
公式サイトへ     

戦争のはらわた
監督:サム・ペキンパー
出演:ジェームズ・コバーン、マキシミリアン・シェル、ジェイムス・メイソン、センタ・バーガー
1977年/イギリス・ドイツ/英語/133分
舞台は、第二次世界大戦下の独ソ戦。1941年から44年にかけてドイツ軍とソ連軍が壮絶な死闘を繰り広げ、ドイツ軍200万以上、ソ連軍1200万以上の死者が出たといわれる狂気の戦場。敵の猛攻にあい絶望的な状況に追い込まれたドイツ小隊の運命がドラマチックに描かれ、観る者は戦場の真っ只中に。ペキンパーの傑作にして戦争映画の金字塔!!
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

イカリエ-XB1
監督:インドゥジヒ・ポラーク
出演:ズデニェク・シュチェバーネク、フランチシェク・スモリーク
1963年/チェコスロヴァキア/88分
共産主義下のチェコでつくられた初の本格的SF映画にして、その後のSF作品に多大な影響を与えた先駆的快作が初の劇場公開。22世紀後半、生命探査の旅に出た宇宙船イカリエ-XB1は、アルファ・ケンタウリ系へと向かう途上で、漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。それはかつて地球から旅立った宇宙船だったが、船内にあるのは謎の死を遂げた乗組員たちの死体。この難破船に積まれた核兵器の爆発により調査員たちの数名を失うという悲劇の後、変わらず旅を続けるイカリエ-XB1。だが謎のダークスターによって乗組員たちはみな眠りについてしまう。1963年にチェコで初めてつくられた本作は、密室の中で徐々に狂気に汚染されていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を、独創的なスタイルで描き出した。そのオリジナリティ溢れる世界観は、「2001年宇宙の旅」にもインスピレーションを与えたという逸話を持つほど。
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

長江 愛の詩
監督:ヤン・チャオ
出演:チン・ハオ、シン・ジーレイ
2016年/中国/北京語/115分
第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞
父から譲り受けた船で発見された古びた詩集「長江図」。そこには長江流域の街が記され、導かれるように船は長江を上流へと進む。男は行く先々で“美しい女”と再会し、過ぎ去りし記憶に想いを馳せる。
中国の大河、長江の絶景をカメラに収めた比類なき映像世界。
これは誰の記憶なのか--河を遡り、時が巻き戻る。現実と虚構、現在と過去が交錯する深遠なラブストーリー。

1週間限定上映 


2018年7月14日公開

a
公式サイトへ     

危険な関係
監督:ロジェ・ヴァデム
出演:ジェラール・フィリップ、ジャンヌ・モロー
1960年/フランス/110分
外交官夫妻のバルモンとジュリエットはパリの社交界でも目立つ存在だ。しかし、実際の二人は互いの情事の成果を報告しあう奇妙な夫婦関係を続けていた。ジュリエットは、愛人だったアメリカ人のコートが18歳のセシルと婚約したことを知り、嫉妬心からバルモンにセシルを誘惑するよう持ちかける。セシルを追って冬のメジェーヴまで来たバルモンは、そこで貞淑な人妻マリアンヌと出逢い、本気になってしまう。
世界一の美男子ジェラール・フィリップと大女優ジャンヌ・モロー。夢の競演作がスクリーンに蘇る!
1週間限定上映
当日1400円均一。会員・シニア・サービスデー等一切の割引はありません。


a
公式サイトへ     

ロンドン、人生はじめます
監督:ジョエル・ホプキンス
出演:ダイアン・キートン、ブレンダン・グリーソン
2017年/イギリス/英語/102分
高級マンションでの人間関係に疲れを感じていたエミリーは、ある日、自分らしく暮らすドナルドに出会い惹かれていくが…。実話に基づく、大人たちの幸せ探しを描く物語。


a
公式サイトへ a    

BPM ビート・パー・ミニット
監督:ロバン・カンピヨ
出演:ナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、アルノー・ヴァロワ
2017年/フランス/フランス語/143分
第70回カンヌ国際映画祭グランプリ、国際批評家連盟賞、フランソワ・シャレ賞、クィア・パルム受賞
 1990年代初頭のパリ。エイズの治療は発展途上で、誤った知識や偏見をもたれていた時代、エイズ患者やHIV感染者への差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革を求めた実在の団体「ACT UP Paris」の活動を通して、若者たちが命を懸けて闘った姿を描く。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たちの生き生きとした表情や全身からほとばしるエネルギーがスクリーンに刻み込まれ、観る者の鼓動は高鳴り、魂を激しく揺さぶられる。実話から生まれた、濃厚で鮮烈な愛と人生の物語。


a
公式サイトへ     

祝福 ~オラとニコデムの家~
監督:アンナ・ザメツカ
2016年/ポーランド/75分
2017ヨーロッパ映画賞最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ワルシャワ 郊外の街セロック。14歳の少女オラの家族は、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデム。母親は違う男性と離れて暮らしている家事をこなし、弟の面倒を見るのはもっぱらオラの役目だ。現実は厳しい。それはわかっている。けれど、少女は心のどこかで夢見ている。弟の初聖体式が成功すれば、もう一度家族がひとつになれると。この映画は、大人に守られず必死に生きているこの世界の子供たちへの、優しくも透徹したまなざしだ。
かたくなな少女がカメラを受け入れたとき、ドキュメンタリー史上最も親密な映画が生まれた。
1週間限定上映


2018年7月21日公開

a
公式サイトへ     

マルクス・エンゲルス
監督:ラウル・ペック
出演:アウグスト・ディール、シュテファン・コナルスケ
2017年/フランス・ドイツ・ベルギー/フランス語・ドイツ語・英語/118分
1840年代ヨーロッパ。カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスはパリで運命の出逢いを果たす。その出逢いは、やがて時代を超えて読み継がれる「共産党宣言」誕生の、夜明け前へと連なっていくのだった。
マルクスとエンゲルスは何を考え、何と闘い、何を成し遂げたのか。世界中に貧困と格差が拡がる今日、彼らのエネルギーが私たちに突きつけるものとは。 


a
公式サイトへ     

ゲッベルスと私
監督:クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー、オーラフ・S・ミュラー、ローラント・シュロートホーファー
2016年/オーストリア/ドイツ語/113分
ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。若きポムゼルは、第二次世界大戦中、1942年から終戦までの3年間、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として働き、近代における最も冷酷な戦争犯罪者のそばにいた人物である。本作は彼女が終戦から69年の沈黙を破って当時を語った貴重なドキュメントである。“ホロコーストについてはなにも知らなかった”と語るポムゼルの30時間に及ぶ独白インタビューは、20世紀最大の戦争と全体主義の下で抑圧された人々の人生を浮き彫りにする。又、本作品には、当時、世界各国で製作されたアーカイヴ映像が数多く挿入される。それらは、戦争という人間の愚行はいつでも繰り返されることを語り、紛争の続く今日に警鐘を鳴らしている。 


a
公式サイトへ     

ダリダ あまい囁き
監督:リサ・アズエロス
出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ
2017年/フランス/127分
60年代フランス。ミス・エジプトに輝いた美貌とそのエキゾチックな歌声で、フランス全土に社会現象を起こし、一躍スターになったダリダ。私生活では数々の恋愛に悩み、愛する人との幸せな家庭に憧れ続けていた。出会いと別れに傷つきながらも、その経験を歌にし、ステージの上で輝き続ける。愛に向かって生きた激しく、哀しく、美しい54年の生涯に、誰もが魅了される。
アラン・ドロンとのデュエット曲などで一世を風靡したフランスの歌姫。愛に向かって生きたひとりの女性の物語。


a
公式サイトへ     

ミッドナイト・バス
監督:竹下昌男
出演:原田泰造、山本未來
2017年/日本/157分
バツイチ中年男の高宮利一は、新潟~東京間を走る長距離深夜バスの運転手。東京で定食屋を営む恋人との再婚を考えていた。ある夜、利一が運転する新潟行きのバスに、16年前に別れた妻が乗り合わせる。16年の長い時を経て、やるせない現実と人生の不安が、再び、二人の心を近づける。母の出現に反発、動揺する子供たち。突然の思いがけない再会をきっかけに、停まっていた家族の時間が、また動き出す。
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

フェリーニに恋して
監督:タロン・レクストン
出演:クセニア・ソロ、マリア・ベロ
2016年/アメリカ/英語/103分
20歳のルーシーは、男の子とキスをしたことも、働いたことも、本当の友人を持ったこともなかった。ルーシーは、早く自立した大人にならなくてはと、就職の面接に行く。その道中で目にした「フェリーニ映画祭」と題されたきらびやかで怪しい劇場。吸い込まれるように入っていったその場所で、「道」にまたたく間に心を奪われる。フェリーニの魅惑の世界にのめり込んだルーシーはいてもたってもいられず、フェリーニを探すためイタリア各地を巡る旅へ出る。
イタリア映画の巨匠、フェデリコ・フェリーニ監督作品への愛に溢れた本作。16作品以上の名シーンへのオマージュ!無垢な主人公の少女が「道」・「甘い生活」など名作の登場人物たちと出会いながら、ローマ、ヴェネチア、ヴェローナといったイタリアの美しい都市を巡る旅をする。
1週間限定上映 


2018年7月28日公開

a
公式サイトへ   a  

天命の城
監督:ファン・ドンヒョク
音楽:坂本龍一

出演:イ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイル、コ・ス
2017年/韓国/139分
清の軍勢12万人に包囲された、1万3000人の朝鮮朝廷は、進むことも退くこともできない孤立無援の“南漢山城”に逃げ延びる。生き残る唯一の道は、清の臣従に落ちること。恥辱に耐えて民を守るのか、大義のために死を覚悟で戦うのか。国への忠誠心を持つ二人の家臣の異なる信念の闘いの末に、未来のために下した王の決断とは。
天命を背負った男たちの生き様が、時代を超えて魂を揺さぶる。 


a
公式サイトへ     

軍中楽園
監督:ニウ・チェンザー
出演:イーサン・ルアン、レジーナ・ワン
2014年/台湾/133分
1969年、中国と台湾が対立していた時代。砲撃が降り注ぐ攻防の最前線だった小さな島に配属された青年兵バオタイ。しかし、カナヅチであることが判明し、「特約茶室」を管理する部隊で働くことに。そこは「軍中楽園」と呼ばれる娼館だった。そこで、どこか影のある女、ニーニーと出会い、奇妙な友情を育むバオタイ。やがてニーニーに惹かれていくが、彼女が許されぬ「罪」を背負っていると知る。
戦いの最前線だった小さな島で、40年間公然の秘密とされた“楽園”。歴史的背景をベースに男女が紡ぐ倫理を超えた悲哀の抒情詩。
1週間限定公開 


a
公式サイトへ     

ニッポン国VS泉南石綿村
監督:原一男

2017年/日本/215分
ニッポン国から棄てられた民が国に問いただす
「ウチらの命、なんぼなん?」
大阪・泉南アスベスト国倍賞訴訟、8年間の全記録。
“「ゆきゆきて、神軍」から31年。「平成」という時代のニッポン人の自画像を描きました。”  原一男
1週間限定上映
特別料金
 


a
公式サイトへ   a  

目撃者 闇の中の瞳
監督:チェン・ウェイハオ

出演:カイザー・チュアン、シュー・ウェイニン
2017年/台湾/117分
ジャーナリストの卵が山道で目撃した高級車2台の衝突死亡事故。9年後、やり手の新聞記者となった男は、今乗っている愛車がその時当て逃げされた事故車だったと知る。やがて男の周りで次々と起こる悪夢。何者かが裏で手を引いているのか、それとも因果応報か?台湾中を恐怖に陥れた戦慄の体感型サスペンス・スリラーをいよいよ上映!
1週間限定上映


a
公式サイトへ  a     

アウトサイダーズ
監督:アダム・スミス
出演:マイケル・ファスベンダー、ブレンダン・グリーソン
2016年/イギリス/英語/99分
犯罪を生業に、トレイラーハウスのコミュニティに代々暮らすカトラー・ファミリー。一家の後継ぎでありドライバーとして数々の悪事に関わるチャドは、幼い子供と妻のため、家業から足を洗おうと密かに計画を立てていた。しかし、絶対的な力で家族を支配する父がそれを阻む。
犯罪一家の生き様がぶつかり合う<アクセル全開>クライム・アクション。
1週間限定上映


2018年8月4日公開

a
公式サイトへ     

フジコ・ヘミングの時間
監督:小松莊一良
出演:フジコ・ヘミング、大月ウルフ
2018年/日本/115分
 60代後半でデビューし、80代になった今でも世界中で演奏活動を続けるフジコ・ヘミング。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれている。本作は、世界を巡るフジコを2年間にわたって撮影した初のドキュメンタリー。パリ、ニューヨーク、ブエノスアイレス、ロサンゼルス、東京、京都、心震えるワールドツアーでの演奏、自宅で愛する猫たちに囲まれての暮らし…。輝き続ける彼女が教えてくれた生きるヒント。いくつになっても豊かな人生を奏でる。


a
公式サイトへ     

花咲くころ
監督:ナナ・エクフティミシュヴィリ+シモン・グロス
出演:リカ・バブルアニ、マリアム・ボケリア
2013年/ジョージア・ドイツ・フランス/102分
2013年ベルリン国際映画祭国際アートシアター連盟賞受賞
ジョージア国内が混乱した1992年の春から初夏にかけて、首都トビリシを舞台に、14歳の少女ふたりの成長を清冽な映像で描く。市民が対立した内戦は、人々に大きな禍根を残した。しかし、社会に不安がたちこめていても、ふたりの少女はつよい絆で結ばれ、春の日差しのようにのびやかだ。愛の歌をうたい、驟雨のなかを駆け抜ける彼女たちの日々はみずみずしく美しい。
1週間限定上映


a
公式サイトへ     

きみへの距離、1万キロ
監督:キム・グエン
出演:ジョー・コール、リナ・エル=アラビ
2017年/カナダ/英語・アラビア語/91分
第74回ヴェネツィア国際映画祭フェデオラ賞受賞
北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプライン。そこで石油泥棒を監視する6本足の小さなクモ型ロボットを、遥か1万キロ離れたアメリカ・デトロイトから遠隔操作しているオペレーターのゴードン。ある日、ゴードンは監視ロボットを通して若く美しい女性アユーシャと出会う。
遠く離れた地球の反対側から監視ロボットを通じて出会う運命の恋を描く。


a
公式サイトへ     

ラッカは静かに虐殺されている
監督:マシュー・ハイネマン (カルテル・ランド)
2017年/アメリカ/アラビア語・英語/92分
戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。その内戦において、「イスラム国」が北部の街ラッカを制圧し、美しかった街は一変する。街では公開処刑が繰り返され、市民は常に恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることが出来ない惨状を国際社会に伝えるため、市民ジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Ailently/ラッカは静かに虐殺されている)は秘密裡に結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じた「イスラム国」は直にメンバーの暗殺計画に乗り出す。次々と殺されていく仲間や家族。そして暗殺の魔の手は自らにも忍び寄る。衝撃のドキュメンタリー。
1週間限定上映 


2018年8月11日公開

a
公式サイトへ     

ザ・ビッグハウス
監督:想田和弘、マーク・ノーネス、テリー・サリス、ミシガン大学の映画作家たち
2018年/アメリカ・日本/119分
観察映画第8弾。ついに想田和弘がアメリカで観察映画を撮った。しかも舞台は、全米最大のアメリカンフットボール・スタジアム、通称“ザ・ザッグハウス”。想田監督を含めて17人の映画作家たちが廻すキャメラが捉えたダイナミックなプレイ、熱狂する観衆、バックヤードで国民的スポーツを支える実に様々な人々…。それらの映像群が、想田監督の大胆かつ緻密なモンタージュによって、まるで巨大な生命体のように機能するスタジアムの全貌を描き出していく。


a
公式サイトへ     

私はあなたのニグロではない
監督:ラウル・ペック
原作・出演:ジェームズ・ボールドウィン
出演:キング牧師、マルコムX
2016年/アメリカ・フランス・ベルギー・スイス/英語/93分
アメリカ黒人文化を代表する作家、ジェームズ・ボールドウィンの原作を映画化した本作は、ボールドウィンの盟友であり、30代の若さで暗殺された公民権運動のリーダー、メドガー・エヴァース、マルコムX、キング牧師の生き様を追いながら、60年代の公民権運動から現在のブラック・ライブズ・マターに至るまで、アメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫る。
差別が当たり前だった時代から、人々はどのように声を上げ世界を変えていったのか?
1週間限定上映 


a
公式サイトへ     

ラジオ・コバニ
監督:ラベー・ドスキー
2016年/オランダ/クルド語/69分
トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から「イスラム国」の占領下になるも、クルド人民防衛隊による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻ってきたが、数か月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に、希望と連帯感をもたらす。
戦闘真っ只中の2014年から、コバニに復興の光が差し込み始めるまでの激動の3年間を追ったドキュメンタリー。
ラジオから聞こえる「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける。
11日から15日までの5日間のみ上映


2018年8月16日公開

a
公式サイトへ     

カーキ色の記憶
監督:アルフォーズ・タンジュール
2016年/シリア/アラビア語/108分
2017年山形ドキュメンタリー映画祭最優秀賞受賞
シリアの悲劇は、2011年に始まったわけではない。1980年代アサド体制に反対した多くの若者が当局に追われ、国を去らざるを得なかった。監督の個人的な物語が、他の4人の語り手の物語と重なり合う。くすんだ軍服に象徴される沈黙や恐怖、戦慄の記憶。赤い風船に託された自由と抵抗。白色の雪によっても覆えない心の傷。なぜシリア社会が爆発し、革命が始まったのか、その背景に迫る。
16・17日の2日間のみ上映


2018年8月18日公開

a
公式サイトへ     

告白小説、その結末
監督:ロマン・ポランスキー

出演:エマニュエル・セニエ、エヴァ・グリーン
2017年/フランス・ベルギー・ポーランド/フランス語/100分
熱狂的なファン、優秀なゴーストライター、ヒステリックな一心同体の親友、理想的な小説のモデル、そして…。その物語を書き終えるとき、一番の理解者の素顔が浮かび上がる。
ふたりの女性の危ういほどスリリングな関係に、ポランスキーが仕掛けた戦慄のミステリー。


a
公式サイトへ     

ガザの美容室
監督:タルザン&アラブ・ナサール

出演:ヒアム・アッバス、マイサ・アブドゥ・エルハディ
2015年/パレスチナ・フランス・カタール/アラビア語/84分
パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される。極限状態の中、女性たちは平静を装うも、マニキュアを塗る手が震え、ついには小さな美容室の中で諍いが始まる。と一人の女性が言う。「私たちが争ったら、外の男たちと同じじゃない」。いつでも戦争をするのは男たち。オシャレをする、メイクをする、たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それこそが、彼女たちの抵抗なのだ。
注意:本作には銃声・爆撃音が大音量で収録されております。あらかじめご了承下さい。
1週間限定上映 


2018年8月25日公開

a
公式サイトへ a    

グッバイ・ゴダール!
監督:ミシェル・アザナヴィシウス(アーティスト)
出演:ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン
2017年/フランス/108分
もうすぐ20歳のアンヌは、それまで予想だにしなかった刺激的な日々を送っていた。世界中から注目される気鋭の映画監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作「中国女」の主演を飾ることになったのだ。新しい仲間たちと映画を作る刺激的な日々、そしてゴダールからのプロポーズ。初体験ばかりの毎日を彼女は夢中で駆け抜けていくが、1968年の五月革命が2人の運命を変えていく。
女優であり、作家であり、ゴダールの妻でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説を映画化。ファッション、ヘアメイク、インテリア、音楽、映画…今も全く色あせない60年代フレンチカルチャーが、鮮やかにスクリーンに蘇る。 


a
公式サイトへ     

沖縄スパイ戦史
監督:三上智恵、大矢英代
2018年/日本/114分
ふたりのジャーナリストが迫った沖縄戦の最も深い闇。少年ゲリラ兵、戦争マラリア、スパイ虐殺…。そして、ついに明かされる陸軍中野学校の「秘密戦」とは? 
1週間限定上映


2018年9月1日公開

a
公式サイトへ     

ウインド・リバー
監督:テイラー・シェリダン (ボーダーライン)
出演:ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン
2017年/アメリカ/107分
第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門> 監督賞受賞
雪深いアメリカの、ネイティブアメリカンが追いやられた土地“ウインド・リバー”で見つかった少女の死体。新人捜査官ジェーン・バナーが単身FBIから派遣されるが、慣れない雪山の厳しい条件により捜査は難航。ジェーンは地元のベテランハンターで、遺体の第一発見者であるコリー・ランバートに協力を求め、共に事件を追うが、そこには思いもよらなかった結末が…。


a
公式サイトへ     

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
監督:ルーシー・ウォーカー
出演:オマーラ・ポルトゥオンド、マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール
2017年/イギリス/110分
ヴィム・ヴェンダースが監督した「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は大ヒットを記録し、その熱狂は社会現象へと広がっていった。それから18年、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーが、“アディオス”世界ツアーを決行。ヴェンダース製作総指揮で最後の勇姿を収めた音楽ドキュメンタリーが完成した。前作でカットされた秘蔵映像も交えながら、カメラはメンバーのこれまでの旅路や、その死にも迫る。


a
公式サイトへ     

返還交渉人  いつか、沖縄を取り戻す
監督:柳川強
出演:井浦新、戸田菜穂
2018年/日本/100分
沖縄返還で外交交渉の最前線にいた実在の人物、千葉一夫。戦後、外交官となった千葉は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねた。さらに何度も沖縄に足を運んでは、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。立ちはだかる本土の思惑に挫折しながらも、妻・恵子に支えられ、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官が生涯をかけて貫いたものとは。
知られざる真実の物語。 
1週間限定上映


2018年9月8日公開

a
公式サイトへ     

ベルイマン生誕100年映画祭 
監督:イングマール・ベルイマン
“映像の魔術師”・“北欧映画界の至宝”。スウェーデンが生んだ“20世紀最大の巨匠”イングマール・ベルイマン。全キャリアにおける厳選の傑作13本を1週間にわたり特集上映。他の監督に多大な影響を与えた作品群を是非ご覧下さい。
「夏の遊び」 1951年
「夏の夜は三たび微笑む」 1955年
「第七の封印」 1957年
「野いちご」 1957年
「魔術師」 1958年
「処女の泉」 1960年
「鏡の中にある如く」 1961年
「冬の光」 1963年
「沈黙」 1963年
「仮面/ペルソナ」 1966年
「叫びとささやき」 1973年
「秋のソナタ」 1978年
「ファニーとアレクサンデル」 1982年
※「ファニーとアレクサンデル」は5時間11分のオリジナル全長版・特別料金
スケジュールは後日発表します。 


2018年9月15日公開

a
公式サイトへ     

スターリンの葬送狂騒曲
監督:アーマンド・イアヌッチ
出演:スティーヴ・ブシェミ、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ
2017年/イギリス/107分
1953年、ソ連の最高権力者スターリンが死亡。“粛清”という名の大量虐殺による恐怖で全てを支配してきた独裁者だ。今こそ彼の後釜につくチャンスだと色めき立つ側近たちの、互いを出し抜く卑劣な駆け引きが始まり、権力バトル開始のゴングが鳴った!壮大なのに姑息、大真面目なのに可笑しくて、卑劣で残忍なのに惹きこまれる“偉人!?”たちの黒歴史を暴く必見ブラック・コメディ!
ロシア政府“上映禁止”の超問題作、ついに解禁!! 


TOP上映スケジュールこれからの上映予定販売商品一覧前売券情報会員専用ページシネマ・クレールのご案内お問い合わせプライバシーポリシーアクセスマップメルマガ配信停止アドレス変更メルマガ登録